HOME >  学科理念

学科理念


学科アドミッションポリシー
博士課程アドミッションポリシー
学科ディプロマポリシー

学科アドミッションポリシー

基本理念

質の高い特色ある教育と研究を通じて、世界に通用する科学技術を創造し、もって地域に貢献するとともに、豊かな創造性、社会性及び人間性を備えた人材を育成することです。

教育目標

学生の立場にたった教育体制のもとで、自らの課題を探求する高い学習意欲と柔軟な思考力を有し、国際基準を満たすゆるぎない基礎学力と高度の専門知識を備えるとともに、豊かな人間性と高い倫理観を有する人材を養成することです。

求める学生像


環境や社会に対する影響も予見しながら自然との共生や、真に人類に役立つ技術とは何かを自ら考え、先進的科学技術によって人類福祉に貢献する意欲をもち将来への可能性を秘めている人を求めています。
 以上の観点と本学の求める学生像から、具体的には、次のような人を求めています。

  • 1.工学の基礎をなす科目に対して基礎学力を備え、広範囲な事象に対して強い知的 好奇心をもっている人
  • 2.新しい課題を自ら見いだす着想力をもち、この課題に立ち向かう強い意志とねばり 強さをもっている人
  • 3.豊かな感性と表現力をもち、自立的に考えながらも他人と協力・共同して物事を実行していく姿勢をもっている
  •  人
  • 4.技術者として、国際舞台でリーダーシップと行動力を発揮することに強い意志をも っている人

知能情報システム工学科

本学科は、人の知を拡大する新世代知的IT(情報技術)革命の担い手となる国際的技術者・研究者を育てるという教育理念に基づき、次のような人を求めます。


  • 1.情報科学の基礎から情報・知能工学の応用までの幅広い学修と研究に取り組むことができる基礎的な能力と旺盛
  •  な知的好奇心をもっている人
  • 2.高度情報化社会において、新たな課題を自ら見つけだし、解決することを通じて、地域社会や世界に貢献したい
  •  という高い志をもっている人
  • 3.豊かな感性と表現力・コミュニケーション能力をもち、自ら考えて行動し、夢の実現に向かってチャレンジする
  •  ことができる人

入学者選抜の基本方針

本学部では、多様な観点から受験者の学力や資質をみるため、一般入試(前期日程・後期日程)のほか推薦入試、帰国子女入試、私費外国人留学生入試を実施し、アドミッション・ポリシーにそって学生を選考します。

■ 一般入試(前期日程)

大学入試センター試験(5教科7科目)および個別学力検査(数学、理科)により、専門分野の学習に必要な基礎学力を見ます。

■ 一般入試(後期日程)

大学入試センター試験(5教科7科目)により、専門分野の学習に必要な基礎学力を見るとともに、個別学力検査(面接)により、専門分野への関心や意欲と自己表現力を見ます

■ 推薦入試

大学入試センター試験および個別学力検査を免除し、調査書、推薦書、基礎能力試験および面接により総合的に評価し、選抜します。基礎能力試験では、いくつかの設問を通じて、基礎能力を含む論理的思考力、課題解決能力を見ることで、受験者の工学分野への適性を計ります。また面接では、専門分野への関心・意欲・理解を見るとともに、積極性、自己表現力を見ます。また基礎学力に関する試問も含み、理解力・論理的思考力・表現力についても評価します。

■ 帰国子女入試

大学入試センター試験を免除し、本学で実施する学力検査(数学、理科、英語)、面接、提出書類により総合的に評価し、選抜します。面接では、専門分野への関心・意欲・理解を見るとともに、積極性、自己表現力を見ます。また基礎学力に関する試問も含み、理解力・論理的思考力・表現力についても評価します。

■ 私費外国人留学生入試

日本留学試験ならびに本学で実施する学力検査(数学、理科、英語)、面接により総合的に評価し、選抜します。面接では、日本語能力、専門分野への関心・意欲・理解を見るとともに、積極性、自己表現力を見ます。また基礎学力に関する試問も含み、理解力・論理的思考力・表現力についても評価します。

■ 第3年次編入学

面接、提出書類により総合的に評価し、選抜します。面接では、簡単な筆記試験及び口頭試問により、基礎学力や専門分野の学力を見るとともに、専門分野への意欲、積極性、論理的思考力、自己表現力についても評価します。

大学入学までに身につけてほしい教科・科目等

工学部の教育においては、高等学校において学習する下記のような教科・科目の内容を理解していることが望まれます。高等学校の教育課程や入試区分等の違いもあるため、理解のレベルは個人によりそれぞれ異なると思います。不足していると思われる項目については、入学までに身につけるよう期待します。

■ 国語

基礎的な文章読解力、論理的説明能力、作文能力

■ 地理歴史・公民

地理、歴史、経済、社会などの基礎的な知識

■ 数学

「数学I」、「数学II」、「数学III」、「数学A」、「数学B」、「数学C」

■ 理科

「物理Iおよび物理II」、「化学Iおよび化学II」

■ 外国語(英語)

基礎的な文章読解力およびコミュニケーション能力


博士課程アドミッションポリシー

基本理念

質の高い特色ある教育と研究を通じて、世界に通用する科学技術を創造し、もって地域に貢献するとともに、豊かな創造性、社会性及び人間性を備えた人材を育成することです。

教育・研究の目標

学生の立場にたった教育体制のもとで、自らの課題を探求する高い学習意欲と柔軟な思考力を有し、国際基準を満たすゆるぎない基礎学力と高度の専門知識を備えるとともに、豊かな人間性と高い倫理観を有する人材を養成することです。

求める学生像

工学研究科博士前期課程では、環境や社会に対する影響も予見しながら自然との共生や、真に人類に役立つ技術とは何かを自ら考え、先進的科学技術によって人類福祉に貢献する意欲をもち将来への可能性を秘めている人を求めています。
 以上の観点と本学の求める学生像から、具体的には、次のような人を求めています。

  • 1 工学の分野に強い関心があり、深い専門知識と高度の技術を身につけることをめざしている人
  • 2 新しい課題を自ら見いだす着想力をもち、問題の解決に際しては計画的に調査や研究を行うことのできる強い
  •   意志をもっている人
  • 3 国際的な視野を有し、国際的に通用する能力や技術の獲得をめざしている人
  • 4 地球規模での課題に問題意識をもち、それらの課題と技術との融合について関心をもっている人

知能情報システム工学専攻

情報は現代の人間社会を構成する最も重要な要素であり、これを取り扱う技術が社会を左 右することは既に明白な事実となっています。このような社会において、より高度で知的なIT(情報技術)の開発、普及が社会を発展させる源になると考えられます。 本専攻では、人の知を拡大する新世代知的IT革命の担い手となる国際的技術者・研究者 を育てるという教育理念に基づき、次のような人を求めます


  • 1 基礎から応用までの先端的な情報技術について学習と研究に取り組むことができる基礎的な能力と旺盛な知的
  •   好奇心をもっている人
  • 2 高度情報化社会において、新たな課題を自ら見つけだし、解決することを通じて、地域社会や世界に貢献した
  •   いという高い志をもっている人
  • 3 豊かな感性と表現力・コミュニケーション能力をもち、高度情報化社会の牽引者となることを志している人

入学者選抜の基本方針

本研究科では、前述の「求める学生像」にふさわしい学生を選抜するため、一般入試のほか社会人入試及び外国人留学生入試を実施し、学生を選考します。

一般入試(口述型・筆記型)

口述型では、学部での成績が極めて優秀である者か、あるいは、志望する専門分野に関する十分な基礎能力を持つ者として出身大学等により推薦された者に対して、専門基礎学力に関する口述試験による学力検査及び出願書類審査を総合して判定します。 筆記型では、入学者の選抜は、学力検査(筆記試験及び面接試験)及び出身大学等の成績証明書を総合して判定します。


社会人入試

各種の研究機関、企業又は教育機関等で活躍している社会人の研修の継続あるいは自己再教育の場として本学大学院工学研究科博士前期課程を開放し、併せて、生涯教育に寄与することを目的としています。入学者の選抜は、書類審査及び面接の結果を総合して判定します


外国人留学生入試

入学者の選抜は、学力試験、面接試験及び書類等を総合して判定します。



学科ディプロマポリシー

豊かな人間性と高い論理観を有する人材


大分大学工学部では、教育の目標として「自らの課題を探求する高い学習意欲と柔軟な思考力を有し、国際基準を満たすゆるぎない基礎学力と高度の専門知識を備えるとともに、豊かな人間性と高い倫理観を有する人材」の養成を掲げています。この教育目標を踏まえ、工学部では学士課程を通じて以下の資質や能力を修得した学生に学位を授与します

1.豊かな教養と、読み、書き、会話などの外国語の基礎知識があり、工学分野における国際的な文化・価値観を理

 解することができる。




2.自然科学についての基礎的な概念や知識と、工学分野における国際基準を満たす専門知識・技術を修得してお

 り、これらを応用しながら自らのライフデザインに活かすことができる。




3.工学分野の新たな課題を自ら探求し、問題を整理・分析し、工学的思考と方法を用いて柔軟に解決することがで

 きる。




4.自立した技術者になるために、自ら学習目標を立て、新たな知識や適切な情報を獲得しながら、生涯にわたって

 継続的に学習することができる。




5.自らの意見を明確に表現できるだけでなく、他者とコミュニケーションを行いながら、課題解決のために協調・

 協働して行動できる。




6.現代社会の発展と人類福祉の向上を志向する意欲を持ち、社会のルールや規範に則り、技術者としての責任と使

 命を認識しながら良識にもとづいた行動ができる。




7.工学的な情報を論理的に表現し、メディアを活用して的確に伝達できるとともに、他者と討論できるプレゼン

 テーション能力をもっている。





知能情報システム工学科

知能情報システム工学科では、以下のような能力を身につけるために編成された教育課程に基づいて、所定の授業科目を履修して卒業に必要な単位を修得し、定められた学業成績基準を満たした学生に、学士(工学)の学位を授与します。


  • 1 基本的技能
  •  考えや論点を自ら正確に記述・表現して、皆の前で発表し、他者の考えも聴きながら建設的に討議することがで

    きる。また、情報・知能分野の事柄について、英語による基礎的な表現をすることができる。


  • 2 これからの時代に求められる教養
  •  自立した情報技術者になるために、自ら学習目標を立て、適切な情報や新たな知識を獲得し、継続的に学習する

    ことができる。


  • 3 専門的な知識と技能
  •  数理的な考えや自然科学のとらえ方を身につけ、情報・知能分野の専門知識・技術を理解し、学理と実地の有機

    的なつながりを通じて、これらを応用することができる。


  • 4 課題解決能力
  • ①高度情報社会における情報・知能分野の新たな課題を探求し、問題を整理・分析し、多面的に考えて解決するこ

     とができる。

    ②個人またはチームにより、ソフトウェアやシステムに要求される機能を検討し、期間内に計画的に設計・実装・

     評価し、まとめあげることができる。


  • 5 社会との関わり
  •  情報技術者としての責任と情報技術の社会に及ぼす影響を常に考えながら、グローバル化が進む地域社会にも貢

    献することができる。